電話とパソコンを使用する人
  • ホーム
  • 精力剤と勃起薬の違いや効果はどちらがある?

精力剤と勃起薬の違いや効果はどちらがある?

勃起不全の兆候があると、精力剤や勃起薬に頼ろうと考える人が少なくなりません。
しかし、両者の違いはどんなもので、その効果の違いに関しても意外と正確には知られていないと言えます。
両者の違いを説明する前に、そもそも勃起はどのようにして起こるのか、そのメカニズムからおさらいしてみましょう。
脳が性的な興奮を覚えると、その信号が脊椎の神経を通じて下半身に伝達され、それによって局部の血流が一気に増し、それによって勃起が生じるのです。
勃起不全は、そうした勃起メカニズムに関わるどこかの部位に異常が生じたり、加齢により各部位の機能が衰える事で生じるものです。
そんな勃起不全の兆候に対し、勃起薬は対処療法的に、局部の血流を強制的に増やす事で改善を図る医薬品です。
それに対して精力剤は、加齢等によって衰えた勃起メカニズムに関わる各部位を、心身全体を元気にし、若返り効果を与える事で改善を図るサプリメントです。
勃起薬はED治療薬とも呼ばれ、治療薬と言う名前が付いていますが、先にも記載した様に対処療法薬であり、根本的に原因を治す医薬品ではありません。
また、勃起薬は強制的に局部の血流を増す強い働きをするため、循環器系の病気を持っている人には重大な副作用をもたらす事もあり、注意が必要です。
一方の精力剤は自然由来の成分で、昔から滋養強壮・精力増強の効果があるとして愛用されていた成分を主とし、服用し易いサプリとされたものです。
従って、精力剤には大きな副作用もなく、長く服用しても安心な点も精力剤と勃起薬の違いと言えます。
両者は、こうした勃起改善をもたらす働きも違えば、成分にも大きな違いがあり、また医薬品とサプリと言う違いもあるのです。
こうした基本的な違いを知り、その違いから来る事項で記載する効果面の違いをよく理解し、自分の症状や利用目的に応じて最適な方を選定する事が重要です。
両者には、それぞれ一長一短があり、どちらが良いと言えるものではないのです。

精力剤は自然な効果を期待、即効性や確実性なら勃起薬

精力剤は、先にも記載した様に対処療法の医薬品であり、服用して暫くすれば効果を発揮し、その効果が数時間から1日程度持続するというものです。
もちろん、服用すれば勃起し続けるのではなく、性的興奮を覚えた時に反応する効果をもたらすものです。
医薬品であり、副作用に注意が必要な点と、食事時間との関係等の服用の処方をしっかりと守らなければ効果を発揮しないので、十分に服用方法を確認する事が必要です。
しかし、対処療法薬であり、勃起薬を服用しても、根本的に勃起不全が改善できるというものでない点にも理解が必要です。
一方の精力剤は、サプリメントであり、即効性は期待できません。
長く服用し続ける事で、次第に心身を元気に若返らせ、その結果として勃起力も改善されると言うものです。
従って、即効性はないものの、じわじわと自然な感じで改善し、勃起薬のような無理やり感がない点はメリットでしょう。
精力剤は一般的には、最初に朝の目覚めが良くなり、次に日常生活に活力と精気が戻り、その頃から勃起力の改善を自覚する人が多いと言うほど、スローに効果を示すのです。
精力剤や個人差により、その具体的な期間は一概に言えませんが、おおよそ3か月程度と言った例が多いようです。
しかし、精力剤は勃起薬と違って、ある意味根本的な治癒・改善効果が期待できるとも言えるでしょう。
こうした効果面をまとめれば、精力剤は自然な効果を期待したいとき、即効性や確実性なら勃起薬と言えるでしょう。
特性を十分に理解し、加齢による衰えなら精力剤で長期の改善を図りつつ、いざという時に勃起薬を使用するという使い分けも考えられます。
こうした働きや効果の違いを十分に理解した上で、男性なら精力剤や勃起薬の助けを借りつつ、長く現役であり続けたいものです。

関連記事