電話とパソコンを使用する人
  • ホーム
  • 効きは遅いが、脅威の持続性「シアリス」

効きは遅いが、脅威の持続性「シアリス」

パソコンを見ている男性

シアリスはED治療薬の中でも特に効果の持続時間が非常に長いという特徴があります。
日本ではシアリスを含めて3種類のED治療薬が承認されていますが、他のED治療薬は即効性があるため服用すると20分から30分で効果が現れます。
効果の持続時間は5時間から10時間ほどです。
一方シアリスは効果が現れるまでに約3時間かかります。その後最大で36時間ほど効果が続きます。
20mgの錠剤を金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼までペニスを勃起させる作用が続くため、ウィークエンドピルとも呼ばれます。
シアリスは長時間にわたってペニスを勃起させる作用があり、一定時間内に何度も服用する必要がありません。
他のED治療薬には即効性があるため、短時間で勃起不全を治療することができます。
しかし効果の持続時間はそれほど長くはありません。
シアリスは有効成分のタダラフィルがブロック上の分子構造をしており、体内でゆっくりと吸収されます。
タダラフィルは遅効性なので短時間で強い作用を得ることはできませんが、長時間かけて緩やかにペニスを勃起させる効果が続きます。
ED治療薬には血管を拡張させる効果があります。
血管の拡張により血流が促進されると、海綿体への血流が増えて勃起不全が改善されます。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは、他のED治療薬の有効成分と異なり遅効性が大きな特徴です。
即効性のあるED治療薬では急速に血管の拡張と血流の促進が起こるため、めまいや頭痛、ほてり、消化不良などの症状が多くの人に現れます。
しかしタダラフィルは遅効性なので、めまいなどの症状が現れにくいというメリットが存在します。
他のED治療薬を服用すると9割以上にめまいなどの症状が現れますが、シアリスの場合には約3割と少数です。
ED治療薬の副作用は軽いため、基本的に発症しても問題はありません。
しかしシアリスはED治療薬の中でも特に体への負担が少ないのが特徴です。

効果が出るまで時間がかかる分、最大36時間持続

シアリスは遅効性なので、勃起不全を治療する効果が現れるまでに3時間ほどかかります。
しかし持続時間が非常に長く、効果は最大で36時間続きます。シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
一般的な病院では、効果が強い10mgか20mgを利用して勃起不全の治療が行われています。
病院で処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1700円で20mgは約1800円です。
シアリスにはインド製のジェネリック医薬品も多数存在します。
病院でシアリスの処方を受ける場合には、診察料や処方せん料なども必要です。
ジェネリック医薬品は日本国内では未承認なので、個人輸入して利用します。
主に10mgや20mgの錠剤が販売されており、価格は非常に安価です。1錠あたり約200円で購入できる20mgの錠剤も存在します。
ジェネリック医薬品もシアリスと同じ有効成分のタダラフィルが含まれているので、効果の現れ方や持続時間も同様です。
タダラフィル10mgを服用すると20時間から24時間効果が持続します。20mgだと30時間から36時間続きます。
シアリスは持続時間が長いのが大きな特徴ですが、特に20mgの錠剤は最大で36時間にわたって効果が持続します。
効果が現れるまでの時間は約3時間です。
他のED治療薬と比較すると効果が現れるまでに時間がかかりますが、服用するタイミングを合わせれば問題はありません。
シアリスは性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用します。
効果が緩やかに現れるため、めまいなどの症状も現れにくく体に負担をかけずに済みます。
シアリスは持続時間が長いので何度も服用する必要がありません。
他のED治療薬と比較すると経済的な負担が少ないという特徴があります。
さらにジェネリック医薬品を個人輸入すれば、費用を抑えて勃起不全の治療ができます。

関連記事